ネット副業道場

副業・副職・兼業についての総合情報サイト

アフィリエイトが嫌いな人へ。

はじめに

この記事は特定の誰かを貶めるための記事ではありません。某匿名掲示板などで匿名性を利用し非難をしていたり、そのようなアフィリエイトに対するネガティブキャンペーンを目にしてきたりした結果、アフィリエイトに対して嫌悪感を覚えている不特定多数の「誰か」に向けたメッセージです。あなたが上記の内容に該当してもしなくても、他人事だと思って気楽に読み進めてください。

アフィリエイトが嫌われている理由

恐らく彼らの言い分はこのようなものです。

【アフィリエイトを用いたインターネット上のコンテンツの収益化が一般的に広まった結果、視聴を阻害されるレベルの過度な広告の掲載、コピペやリライトによる既存のコンテンツの重複・水増し等、情報発信者の目的が「良質なコンテンツの作成」ではなく、「如何に収益性の高いコンテンツを作成するか」に代わってしまった。

その結果、現在インターネット上に溢れかえっているコンテンツのクオリティは過去と比較して低下している。本当にユーザーが体験すべき良質なコンテンツがユーザーの手に届くことはない」

私はインターネット黎明期からアフィリエイトに関する「叩き」を見てきた世代の一人です。そして予想になってはしまいますが、「アンチアフィリエイト」といえる意見を発信している人もいわゆる古参と呼ばれる世代が多いように感じます。

「インターネットが楽しかった時代」を生きてきたからこそ、現在のコンテンツがつまらなく感じてしまう。確かに一理あると思います。面白い時期を知っているからこそ、現在のインターネットをつまらないと感じてしまい嫌儲思想に走ってしまうというのは決して理解できない事ではありません。

自分に正直になろう

そのような皆さんにこの記事で私が一番伝えたいことは、自分に嘘をつくのはやめましょう。という事です。具体的には、

「本当は自分もネットで稼ぎたいのに、一歩が踏み出せず、稼いでいる人たちを叩いて稼げない自分を正当化する」のはもうやめましょう。

この気持ちを捨てて、稼ぐための最初の一歩を踏み出してください。楽をしてお金を稼ぎたいという気持ちがもし少しでもあるなら自分に素直になりましょう。

そして、ネットで稼ぐことは全く悪いことではありません。企業に貢献し利益を生み出す立派な仕事、社会奉仕です。

仕組みがわからないのに叩くのはやめよう

叩いている人たちの多くは、ネットビジネスが成り立つ仕組みを理解できていない人です。

だから、まとめサイトなどのアフィサイトを見ると「よくわからないけど稼いでいる奴らに腹が立つ」という気持ちになってしまうのです。

そのように、人が稼いでいるの指をくわえて見ているだけの時間はとてももったいないです。

なぜなら、アフィリエイトは始めるのが遅くなればなるほど、どんどん稼げなくなってしまいます。

それでいて誰にでも稼ぐチャンスのあるビジネスです。つまり、最初の一歩をいかに早く踏み出すかがとても重要なのです。

ネット副業の仕組みを知ってしまえば、特別な事などない

ネット副業の仕組みはこのブログで嫌と言うほど紹介しますので、今知らなくても何も問題ありません。大事なのは、「まず始めてみる事」です。

当記事を読んで少しでもネットで収益を得ることに興味を持っていただけたなら、当サイトの「基礎から学ぶネット副業」を読んでみてください。

ネット収益化の仕組みと、アフィリエイターがどうやって収益を稼いでいるのか、正しい知識を身に着けられるはずです。

リサーチパネル

なぜすぐに稼げたのか?

正直に申し上げますと、高い情報商材に手を出しました。商材の製作者様はネット副業を20年近く続けておられ、

「その経験が凝縮された情報通りに副業をやれば私も稼げるだろう」と思いたちネット副業を始め、収益化する事に成功しました。

本サイトでは、「初心者が稼げる段階までの最短ルートを確立する」事を目標に、私なりに分析を重ね有意義な情報コンテンツを制作しています。

自分も稼ぐにはどうしたらいい?

最も重要なのは、「最初の1週間をいかに過ごすか」です。

最初の7日間しっかりとモチベーションを維持できれば、その後の副業はずっと続けられるでしょう。

なぜなら、最初の1週間で副業をやめる人がほとんどだからです。

当サイトでは、挫折しないために初心者が基礎から稼ぐ方法を記事にして投稿していますので、それを読めば迷うことはありません。

今この記事を読んでいる他の誰かより、少しでも早く副業を始めましょう。7日後には必ず「少しでも早くネット副業を始められて良かった」と思えるはずです。

今思えば、最初に情報商材を買ったことは、「貴重な情報を得た」事以上に、「私が最初の一歩を踏み出すことができた」きっかけになりました。

このWebサイトも、「誰かの一歩を踏み出すため」に背中を押せるような存在であってほしいと願うばかりです。